トップページ

    このサイトではカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    カスタムカーを高く売るためにやるべきことは「何社かの車買取業者でカスタムカーの査定をしてもらって、その査定額を比較する」ということです。1つの買取業者のみとか近所のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、カスタムカーの査定相場を知って高く売ることができますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社にカスタムカーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「カスタムカーを高く売りたいから査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているカスタムカーの査定相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、カスタムカーを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    カスタムカーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗ってるカスタムカーの査定相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでカスタムカーの高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが愛用してきたカスタムカーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したカスタムカーを査定します。できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして時間とお金をかけてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、外車のカスタムカーであれば他の買取店より高く売ることができることがあります。
    なので、あなたが売りたいのがアメリカやイタリア、ドイツなどの輸入車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたカスタムカーを売却しましょう。







    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、査定を担当する担当者にもよりますが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    車検が残り1年以下の場合には残っている期日に応じて査定額が変わったりはしないのです。

    残りの車検が長い方が査定に良い影響を及ぼすといっても、車検を実施して直ぐに売却をしても車検を通すためにかかった費用以上のお金が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    売却予定の車を査定する基準というのは、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。

    これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、はじめから正直に答えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、オークションの査定相場金額を鑑みて、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは何個かあるでしょうが、中にはとても酷いケースもあります。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、更にチェックしたところ不備が出てきたなどとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    売却金額を下げられるより酷いケースでは、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、車の持ち主がとれる行動というのは限られています。

    費用を払って廃車手続きを行うか、廃車に近い車を専門に扱う業者に売却するかのどちらかでしょう。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして利益を得ています。

    手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車も買い取ってくれるというわけです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびにいくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    ネットにある中古車査定一括サイトを活用すると、時間も労力も使わないで済む点はありがたいです。

    24時間いつでも申し込みでき、1回の入力で何十社もの見積額を知ることができるため、時間も短くて済みますし、何度も同じ作業を繰り返すストレスもありません。

    あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部から先を争って電話連絡が来ますから、それはそれで面倒です。

    中古車を買い取る際の査定では、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、ここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。

    そんな中で確実に減点されるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ないケースも多いです。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。

    これから車を中古車として売るならやるべきことというと、机上調査と実地チェックがあげられます。

    つまり、まずウェブの一括査定サービスなどを使って相場をつかむのが先決です。

    自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、もっと高値で売れたのにとあとから後悔することもゼロとは言い切れないからです。

    机上調査と対照的に体を動かすこととして、次は掃除です。

    車の外側はいつも通りの洗車で充分ですから、車内の掃除を頑張りましょう。

    内装に付着しているニオイのもとをとっておかないと、査定で減点されるのは間違いありません。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    自動車修理のスキルが高くなければ、パッと見たときには素人目で綺麗でも専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

    キレイに修理するためにかかった金額以上のプラス査定は期待できず、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、売ることが決まってから「実は問題点が見つかりました」等の話をされて買取額を目減りさせると通達される場合があるのです。

    売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならば責任があるのは自分側です。

    自分に落ち度が何もない場合には、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。