トップページ

    このサイトではカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    カスタムカーを高く売るためにやるべきことは「何社かの車買取業者でカスタムカーの査定をしてもらって、その査定額を比較する」ということです。1つの買取業者のみとか近所のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、カスタムカーの査定相場を知って高く売ることができますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社にカスタムカーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「カスタムカーを高く売りたいから査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているカスタムカーの査定相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、カスタムカーを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    カスタムカーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗ってるカスタムカーの査定相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでカスタムカーの高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが愛用してきたカスタムカーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したカスタムカーを査定します。できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして時間とお金をかけてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、外車のカスタムカーであれば他の買取店より高く売ることができることがあります。
    なので、あなたが売りたいのがアメリカやイタリア、ドイツなどの輸入車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたカスタムカーを売却しましょう。







    中古車の買取に関する場合のみならず、どのような分野に関しても言えることですが、否定的な口コミはあるものです。

    いくつかの否定的な意見があったとしても、そのコメントだけに振り回されると結局何も出来ないままになるのではないでしょうか。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、取り敢えず無料の見積もりを受けてみて、査定したときに受けた自分のイメージを大切にしていく方が自分にとって一番良い選択をする事に繋がるのです。

    ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、個人の名前などはできるだけ記入したくないという時には無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    ただ、名前を記載せずに利用できるのは無料査定までの話です。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、売るときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    中古車買取専門店は古物営業法という法律に則って、買取をした相手の住所や名前などの個人情報をきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、即決で売却しても良いんだという意志を強くアピールすることです。

    取り敢えずの査定なんだけどという多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、査定額に納得すれば今日明日中に売却予定ですという人の方がスタッフにとって心強いものです。

    車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから高額査定になる可能性も否定できません。

    しかし逆に普段より辛めに採点にされる恐れもあるでしょう。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    これならいいだろうと思える査定金額に達し、売買契約に署名捺印するとなれば、書類をそろえる必要があります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか自賠責保険証、リサイクル預託証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、買取業者に見せる前に新しいタイヤに履き替える必要はないでしょう。

    車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、車を中古車市場に出す時に業者が業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも普通だからです。

    ですから、見積額への減点査定はあっても極めて少ないです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、逆に損するケースがほとんどです。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、駐車場料金も上乗せされるのです。

    自動車を売ろうか売らないか思案中の人は、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうかじっくり検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、自動車に関連したことだけではなくてどんな売買をするときにもとても大切な事柄です。

    サインと捺印をすれば、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    記載された中古車の状態は適切か、お金の部分に関してあいまいな点はないか、よく読んで確認してください。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまで担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。

    場合によるのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    一個人が持っている車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。