トップページ

    このサイトではカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    カスタムカーを高く売るためにやるべきことは「何社かの車買取業者でカスタムカーの査定をしてもらって、その査定額を比較する」ということです。1つの買取業者のみとか近所のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、カスタムカーの査定相場を知って高く売ることができますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社にカスタムカーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「カスタムカーを高く売りたいから査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているカスタムカーの査定相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、カスタムカーを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    カスタムカーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗ってるカスタムカーの査定相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでカスタムカーの高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが愛用してきたカスタムカーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したカスタムカーを査定します。できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして時間とお金をかけてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、外車のカスタムカーであれば他の買取店より高く売ることができることがあります。
    なので、あなたが売りたいのがアメリカやイタリア、ドイツなどの輸入車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたカスタムカーを売却しましょう。







    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、中古商品の査定相場は毎日アップダウンします。

    分かりやすいところでは、オープンカーは冬場は相場が下がるなど、ある種類の車は相場の高低差がつきやすい季節や地域性が限定されてしまうこともあるのです。

    一方、車種にかかわらず言えることというと、初年度登録日からの日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    車の売却が現実的になったのならば少しでも早く行動に移した方が高い査定額で売却できる可能性が高くなるのです。

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、大抵の会社では、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、見積金額を教えてくれます。

    出張査定は一気に沢山の会社に来てもらうこともできます。

    このようにすれば時短のメリットもあることですし、同じ時に査定した査定スタッフ同士で価格競争が行われますから最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、見積もりに要する時間は単純に待っているだけの時間を除外すると約10分少々で済みます。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとのオークションなどの平均相場を基本として基礎となっている中古車の査定額が定められていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、それらの状態に応じた減額や加算をすると最終的な価格を決定することが可能だからです。

    中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    むこうが欲しいのは「契約」ですから、金額さえ満足なら即決してもいい位のアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンも今後の販売プロセスが明確になりますから、買取金額アップを持ちかけても比較的うまくいくわけです。

    自分の車を査定してほしくても、業者のところに直接、車で行こうというのは良い方法とは言えません。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    強いてその長所を挙げるとすれば、最小限の時間で売却手続きを終えられるということでしょう。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけば店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、高めの査定結果になりやすいといった噂もありますが、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、見落とす査定士もいるかもしれません。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    現実の査定に出して示された金額は、ずっと変わらないわけではないのです。

    買取金額の相場は常に流動的ですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    その車の見積金額を提示されたときにすぐに売却を決定出来ないときには提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までか充分に注意しておくようにしましょう。

    保証期間に関しては交渉次第と言う部分もあるのですが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、ディーラーに下取りしてもらう方法、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    個人でオークションに出品する場合には、車の外装や内装の状態写真や説明をできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。

    その他の大切だと思ったことは双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きができるというものです。

    車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、見積金額が高くなることが期待できます。

    さらに、定番カラーであるシルバーは汚れがあまり目立たないからその分人気も高いのです。

    車体の色が定番色以外の場合には、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、買取から売却の間にその色の流行が終わっていることを考慮して査定するからです。