トップページ

    このサイトではカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    カスタムカーを高く売るためにやるべきことは「何社かの車買取業者でカスタムカーの査定をしてもらって、その査定額を比較する」ということです。1つの買取業者のみとか近所のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、カスタムカーの査定相場を知って高く売ることができますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社にカスタムカーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「カスタムカーを高く売りたいから査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているカスタムカーの査定相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、カスタムカーを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    カスタムカーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗ってるカスタムカーの査定相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでカスタムカーの高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが愛用してきたカスタムカーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したカスタムカーを査定します。できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして時間とお金をかけてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、外車のカスタムカーであれば他の買取店より高く売ることができることがあります。
    なので、あなたが売りたいのがアメリカやイタリア、ドイツなどの輸入車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたカスタムカーを売却しましょう。







    オンラインで中古車一括査定サイトを利用するときのに短所になることと言ったら、一括査定サイトに登録されている会社から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    はじめは自分で利用したわけですし、ある程度の電話攻勢は致し方ないのですが、ストレスがたまるほどしつこく何度もかかってくるときには、売却先が決定していなくてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのが比較的簡単に電話攻撃を終了させる手段だと言えます。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルにはいくつかあるでしょうが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。

    査定額に納得して車を手放した後から、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて買取金額を低くされることもあるのです。

    それよりも酷いケースになると、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、やはり簡易的なもので見積もりを出したまでです。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台その状態はまちまちですから、個々の細かい事情を考慮した査定金額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が実際の売却時に提示されるとは限らないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    中古車買取り業者に査定を頼む際には、特に用意するものはありませんが、実際に売却する段階になれば、複数の書類が必要になります。

    普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、結婚で姓が変わった場合や現住所と書類の住所が一致しない場合は提出書類は増えます。

    売却の意思が堅いのでしたら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

    中古車市場における自分の車の価値が、たった数分の入力でわかる中古車一括査定サイトといえば、上手に活用すれば非常に有益です。

    ただ、ひとつだけ面倒な点というと、対象にした買取業者からの電話がそれこそ一斉にかかってくることが挙げられます。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと仕事に支障がでかねないので、気をつけましょう。

    時間や都合を無視してまで電話をかけてくる業者は、もう他社と売買契約をしたと言うと効果があります。

    下手に理屈で理解してもらうより簡単です。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    基準になるのは製造された年ではなく、車検証の「初度登録年月」ですから要注意です。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、買う側から見れば状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額すると通達される場合があるのです。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならば責任があるのは自分側です。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。

    近頃販売されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムがほとんどです。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには見積額が高くなるかも知れません。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、見積もりをしてもらう前にあらかじめ外して別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。

    家族名義の車や別居の親族の車なども手間はかかりますが売れないことはありません。

    本来提出すべき書類に加えて、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    意外とよくあるパターンとしては相続などで故人が車の所有者として登録されている場合、こうした書類を揃えることは不可能ですから、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。