トップページ

    このサイトではカスタムカーの査定額が比較できるおすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「カスタムカーの査定相場をチェックして高く買い取ってくれる専門店に売りたい。」ということを思っているなら以下で紹介しているオススメの車買取業者でリサーチしてみてください。

    カスタムカーを高く売るためにやるべきことは「何社かの車買取業者でカスタムカーの査定をしてもらって、その査定額を比較する」ということです。1つの買取業者のみとか近所のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車買取の一括査定なら2分位で入力できるので時間がかかりません。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、カスタムカーの査定相場を知って高く売ることができますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心感も抜群です。
    提携している業者も1000社を超えて断トツの多さ!最大50社にカスタムカーの査定の依頼をすることが可能。

    中古車の一括査定サービスは利用すると多くの買取業者から電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で使うのはタダ。

    「カスタムカーを高く売りたいから査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と感じているならメール連絡で査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに今あなたが乗っているカスタムカーの査定相場が分かる上に、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで入札金額を提示するので、カスタムカーを高く買い取ってくれる車の買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話が入るのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    カスタムカーの実車査定も自宅、もしくはガソリンスタンドでの1度のみ。

    電話も査定も1回きりで約2000社の車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車査定一括サービスです。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗ってるカスタムカーの査定相場ってネットで分かるの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした提携業者だけが登録していますので、強引な営業電話を受ける心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでカスタムカーの高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がカスタムカーの見積もり査定をしてくれるので、最高の買取価格を出してくれた業者にあなたが愛用してきたカスタムカーを売却しましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。提携業者は200社以上あり、その中から最大で10社があなたが愛用したカスタムカーを査定します。できるだけ多くの会社に査定額を出してもらうことで買取金額の違いや相性を比較することが可能になるので、複数業者に査定依頼をして時間とお金をかけてきたカスタムカーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートもありますので困ったことがあっても安心です。






    外車王

     外車王は、その名称から分かる通り外車に特化した中古車買取店です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は輸入車だけで約1500台。地方にも対応していて出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車買取店なので、外車のカスタムカーであれば他の買取店より高く売ることができることがあります。
    なので、あなたが売りたいのがアメリカやイタリア、ドイツなどの輸入車のカスタムカーであればまずはランキング上位の車買取の一括査定サービスを利用して買取査定額を調べてみてください。

    複数の買取専門店に査定依頼をした後で、最終的に外車王に査定依頼をするのがおすすめです。買取相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切にしてきたカスタムカーを売却しましょう。







    程度問題というところもありますが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には買取の見積もりをする際にマイナスになります。

    喫煙の形跡がある車というものは、禁煙車にしようと考えているユーザーには絶対的に売れないからです。

    タバコの臭いが車内からする要因は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    査定してもらう前に丁寧に車内を清掃してあげれば、タバコの臭いを抑えることに成功するでしょう。

    幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    買取販売店の従業員のセールストークを鼻から信じ込んでしまうと、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が幾らぐらいになるかを調査しておき、相場よりも安価に契約しようとされたときに値段の駆け引きをする準備をしておくとプロのセールストークを上手にかわすことが可能になるでしょう。

    一般的に中古車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では車を査定するときのスタンスが異なっているという点が挙げられるでしょう。

    大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。

    しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、自分で金額の交渉をしようにも最初からその幅がないのが本当のところです。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えばかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。

    一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、何年落ちといった言い方をするものです。

    基準になるのは製造された年ではなく、あくまでも初度登録年から数えますから、気をつけてください。

    当然ながら年数が多ければ多いほど安く査定されるため、たとえば10年落ちに近づいてくると驚くほど低価格になりかねません。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、その中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    車を査定して欲しいからといって、買取業者の店舗に現物を直接持ち込むのは得策ではありません。

    他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、足元を見られることもあり得ます。

    ただ、ひとつだけ有難いのは、「スピード」の一点に絞られるでしょう。

    店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけば店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    実車査定の業者が来た時に、たとえ掃除済みだったとしても車内がタバコ臭かったり、ペットの臭いなどがあれば具体的なキズではないにしろ、減点対象になります。

    さほど臭わないと思っていてもいつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、わからないということもあります。

    思い当たる人は臭わないかどうか誰かに確認してもらうと良いでしょう。

    布用消臭スプレーや空間芳香剤などを多用しても付着したにおいはとれませんので、内装を徹底的に拭き掃除すると良いでしょう。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    愛車の売却時に散見される事案として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する時があるので要注意です。

    売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    自分に落ち度が何もない場合には、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。

    場合によるのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    所有者が個人であって、いつも通勤するために使っていた車ならば所得税はかからないようになっています。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、所得税を支払う可能性もあります。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、不明点は確定申告のときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    自動車のオーナーというものは、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別途駐車場代もかかってくるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、結構大きな維持費用を支払っても所有しなければいけないのか存分にあれこれ検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。